FPの資格の種類と試験内容って?

FPの資格の種類と試験内容って?

FPの資格には「FP技能士」「AFP」「CFP」の3つがあります。
それぞれ受験資格は違っています。
FP技能士」の資格には、3級、2級、1級とあります。
「3級FP技能士」 のFP資格試験については、受験勉強は必要であることはいうまでもありませんが、必要とされる受験条件は無いので、いってみれば、やる気さえあれば、誰でも挑戦できるFP資格試験といえるでしょう。
「2級FP技能士」ですが、次に、挙げる条件のいずれかが必要になります。
@3級FP技能検定の合格AFP実務経験2年以上 BAFP認定研修修了者C金融渉外技能審査3級合格者。
ということから見てみると、試験は受けなくとも、AFP認定研修を受ければ2級FP技能検定試験の受検資格を満たせるのです。
受験は「2級FP技能士」からスタートもできるということになります。
2級FP技能士を取る場合の受験科目は、(1)FP基礎 (2)金融資産運用設計 (3)不動産運用設計(4)ライフプランニング・リタイアメントプランニング (5)リスクと保険 (6)タックスプランニング (7)相続・事業承継設計 (8)提案書の作成、合計8科目なっています。
FP資格は、幅広い分野の科目を受験する必要があるので、難しい資格という印象があるかもしれませんが、考えてみれば、資格取得後の活躍の場が広がる、ということにもなるでしょう。
FP資格試験のためには、通信講座も開かれていますし、効率よく学習を進めるためにも、たくさんの情報を先ずは入手してから、挑戦していくとよいでしょう。