ファイナンシャルプランニング技能士ってどんな資格?就職先は?

ファイナンシャルプランニング技能士ってどんな資格?就職先は?

ファイナンシャルプランニング技能士の資格は、職業能力開発促進法に基づいた名称独占の国家資格です。
ファイナンシャルプランニング技能士の資格は、国家試験に合格することで、ファイナンシャルプランニングについての専門知識を持っており、かつ、ファイナンシャルプランニングの技術を一定水準持っている人と認められる資格です。
ファイナンシャルプランニング技能士は、金融知識を駆使して、お客様の立場に立ってマネープランニングをするプロです。
預貯金や投資、保険やローン、クレジットカードなど、金融機関に関係することを扱い、お客様との信頼関係や信用が必要となる職種となります。
そんなファイナンシャルプランニング技能士の国家試験は、一級技能士から三級技能士まであり、顧客の資産に応じた貯蓄・投資などのプランの立案や相談に必要な技術を持ち合わせているかどうかを試験します。
この資格の取得者の主な就職先は、生命保険会社や証券会社、銀行などの金融機関が多いようです。
また、土地や建物を扱う不動産業界でも必要とされています。
一般企業においても、総務や経理職を行う上では、ファイナンシャルプランニング技能士は必要とされており、高額商品を扱う貴金属系のお店や公認会計士、税理士などでも必要とされていますから、多岐にわたる就職先があります。
しかし、ファイナンシャルプランニング技能士の資格は合格率も高く、比較的取得しやすいため、資格を持っているからといって、必ず就職できるというものではありませんので注意しましょう。