ファイナンシャルプランニング技能士の受験概要って?対策は?

ファイナンシャルプランニング技能士の受験概要って?対策は?

ファイナンシャルプランニング技能士の試験は、社団法人金融財政事情研究会とNPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が実施しています。
ファイナンシャルプランニング技能士の試験は一級から三級まであり、いずれも学科と実技試験が行われます。
ファイナンシャルプランニング技能士三級の試験は、金融財政事情研究会が実施機関となって行っており、特に受験資格はないため、誰でも受験することが可能です。
これに対し、二級は金融財政事情研究会と日本FP協会の両方が試験を実施しており、三級技能検定合格者、または、厚労省認定金融渉外技能審査三級の合格者、FPの実務経験が2年以上のいずれかの条件をクリアしている人しか受験する事ができません。
また、一級の学科試験は金融財政事情研究会が実施し、実技は金融行政事情研究会と日本FP協会が実施しています。
一級の学科試験は、二級FP技能検定合格者でFPの実務経験1年以上の人、または、FPの実務経験5年以上の人、厚労省認定金融渉外技能審査二級合格者でFPの実務経験1年以上の人しか受験できません。
一級の実技試験については、一級学科試験合格者、日本FP協会のCRFの認定者、および、審査試験合格者のみが受験できるという規制があります。
ファイナンシャルプランニング技能士の受験対策としては、過去の問題を分析し、出題率の高い分野を効率よく勉強していくと良いですよ。
参考書や通信講座なども多くあるので、これらを利用して勉強していくのも一つの方法でしょう。