FP資格の合格点とは?

FP資格の合格点とは?

FPの資格には国家資格であるFP技能士、そして民間資格であるAFPとCFPの3つに大きく分類する事が出来ます。
FP技能士とは、2002年4月、職業能力促進法に基づき、厚生労働省認定の国家資格として誕生しました。
この資格は更新が不要で、1〜3級の等級があります。
FPの試験には学科と実技があり、上級クラスにいくほど技能レベルは高度となります。
ということから、FP技能検定をみていくと、3級から2級そして、1級へと難関になり、合格率も低くなっていくのです。
たとえば、3級ファイナンシャルプランニング技能士資格だけでは、独立開業するのは難しいというのが現状でしょう。
しかし、日常生活において家計簿を管理したい、あるいは不動産業、建設業などにおいて、顧客に対してより良い提案ができるといい、という程度なら、3級FPの資格があるといいでしょう。
2級FP技能検定試験は同時にAFP指定試験でもあります。
AFP資格審査(兼2級ファイナンシャル・プランニング技能検定試験)概要 については、学科試験が120分で、実技試験90分です。
どちらも同じ日に実施されます。
学科試験の出題形式は、筆記試験(マークシート方式)60問です。
合格基準が60%以上なので、FP資格合格点は、60点満点で36点以上ということになります。
実技試験 においては、出題形式が、筆記試験(記述式)40問。
合格基準が、60%以上なので、FP資格合格点は、100点満点で60点以上ということになります。