調理師の試験ってどんなもの?対策は?

調理師の試験ってどんなもの?対策は?

調理師試験は調理師を目指す人のための国家試験です。
きちんと勉強をしておけば比較的合格しやすい試験でもありますから、きちんと勉強をしたうえで受験しましょう。
調理師試験のポイントとしては筆記試験だけで実技試験はありません。
そして試験問題はすべて択一式で4択になっていますから、あまり読解力がない人や記述式の試験が苦手な人でも手軽に受験可能です。
調理師試験は都道府県ごとに行われていますから試験日が重なっていなければ、複数の調理師試験を各都道府県で受験してもいいことになっています。
調理師試験で出される科目は7科目から出題されています。
全科目の合計が6割以上獲得できていれば合格になりますが1科目でも平均点以下があれば不合格になるという試験です。
調理師試験を受験するにあたっては、実務経験が2年以上という受験資格が設定されています。
1日に20食以上作っている施設で働いているか、飲食店や総菜製造業などについて2年以上の実務経験がある人でなければ調理師試験を受験することが出来ません。
学歴は中学校を卒業している程度の学歴が必要ですが義務教育を卒業していれば、問題ありません。
調理師試験が実施されているのはだいたい都道府県ごとに毎年同じ時期に実施されていますから確認しておきましょう。
受験にかかる費用もいろいろですが、だいたい6000円前後が一般的です。
こちらも調理師試験を実施している各都道府県に早めに確認をしておくことが必要です。