野菜ソムリエについて

野菜ソムリエについて

野菜ソムリエとは最近よく耳にするという人も多いかもしれませんが野菜ソムリエは一般的に呼ばれている簡単な名前です。
正式にはベジタブル&フルーツマイスターという名前がついています。
民間の資格なのですが、野菜ソムリエになれる人というのは野菜や果物について熟知していて、食べ方や調理の方法、保存の仕方など幅広い野菜と果物の知識を持っているという人のことをいいます。
野菜ソムリエと一言で言ってもレベルがあります。
初級はジュニアマイスターと呼ぶのですが現在多数の人が持っている資格と言われています。
そして野菜ソムリエの中級はマイスターと呼んでいますが、こちらは現在250人の資格保持者がいます。
マイスターは人にも知識を広く教えてあげられる人です。
そして野菜ソムリエの上級になるとシニアマイスターという名前なのですが現在まだ6−7人しか資格保持者がいないほどレベルが高い資格です。
野菜や果物について知っている知識を活かして社会貢献をする人のことを言います。
野菜ソムリエと言っても今このように色々なレベルでわかれています。
テレビや雑誌、本などを出したりして活躍している人の中には野菜ソムリエのシニアマイスターの女性もいたりして、見たことがあるという人も多いのではないでしょうか。
野菜ソムリエの資格を取得した後は、八百屋さんで働くことはもちろんのこと、百貨店の野菜売り場や食品関係の企業など、幅広い場所で活躍することができます。