単位取得によって得られるサプリメント資格

単位取得によって得られるサプリメント資格

サプリメント資格で単位を取得することによって資格取得できるものがあります。
日本ニュートリション協会が関わっているサプリメントアドバイザーは、昔からある資格といえるでしょう。
サプリメントの資格の中では、保有者が大勢いる資格といえます。
資格を取得するには、まず通信での添削講座を受けて単位を取り、それから通信添削式の試験を受けることになります。
受講科目には、ビタミン・ミネラル編、ハーブ編、サプリメント編、薬事法・訪問販売法など関連法規編、サプリメントアドバイザー実践編の5つがあります。
資格を取得してからも、1年ごとに更新をします。
日本ニュートリション協会のアメリカ提携校へ、短期留学をしてサプリメントについて学ぶこともできます。
通信講座を受け、その後認定テストを受けるサプリメントの資格には、サプリメントコーディネイターもあります。
この資格では、サプリメントの活用、目的に合わせた飲み方、サプリメント栄養に関する基礎的なことを学びます。
サプリメント管理士の資格を得るには、新生活普及協会が発行するテキストでサプリメントのことや法律について学びます。
添削テストに合格すると資格を取得できます。
サプリメント管理士より上の資格として、サプリメント管理士マスターという資格が新生活普及協会では取り扱われているといいます。