管理栄養士の受験概要って?対策は?

管理栄養士の受験概要って?対策は?

管理栄養士の国家試験を受けたいと思っても、残念ながら誰でも受ける事が出来る試験ではなく、受験資格が必要となります。
まず、栄養士免許を取得している事が前提となっています。
その上で、即刻受検資格が得られるのが、4年制の管理栄養士養成施設を卒業した場合です。
2年制、3年制、4年制の栄養士養成施設を卒業した場合には、修業年数プラス実務経験の合計が5年以上で受験資格が得られるようになります。
試験の時期は、年一回で例年3月に行われています。
試験科目は、社会・環境と健康、人体の構造と機能及び疾病の成り立ち、食べ物と健康、基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理論です。
試験は概ね5肢択一のマークシート方式で行われ、厚生労働省の発表では合格ラインは総得点の60%と言われています。
栄養に関する幅広い知識が問われる試験なので、どうしても暗記に頼りがちになってしまいます。
でも、各科目の知識を丸暗記するだけでは、応用力を問われる試験問題には対応出来ません。
その知識が、一体どのような状況で必要となり、活用出来るのかを理解する事が重要です。
試験対策としては、出来るだけ多くの状況問題を解くようにし、問題の状況設定からその対応策を導き出せるようになりましょう。
また、食に関わる社会の出来事や、法改正、制度改正等、管理栄養士に関わる法律の情報は確実に入手して目を通しておく事も大切です。