損害保険の資格ってどんなのがある?

損害保険の資格ってどんなのがある?

自動車保険や火災保険などの損害保険の取り扱いには、「損害保険募集人資格」が必要なのです。
昨今の環境変化に伴い、損害保険各社や代理店各社では社内体制を強化しています。
損保事務の仕事に就くために、まず取っておきたい資格が「損害保険募集人資格」でしょう。

2007年10月に資格制度が改訂され、これまで従事者のみに与えられていた受験資格が、従事希望者にまで受験資格の裾野が広がりました。
このことからも、この資格を取得していることで就業のチャンスが広がることは、確かでしょう。
試験を主催するのは損害保険協会です。
損害保険会社からの依頼に基づいて実施している損害保険募集人試験では、損保商品を販売するのにふさわしい損保知識を持っているか否かが問われます。
損害保険の募集に携わる上で、必要となる「代理店の役割」、「守らなければならないルール」、「損害保険商品」等についての基本的な知識の習得。
損害保険募集人試験を受験するには、日本損害保険協会のホームページから申し込みをします。
決められた試験手数料が必要です。
験は全部で20問出題され、70点以上で合格になります。
合格発表は日本損害保険協会のホームページで、試験の実施された日から7営業日後に掲載されます。
合格者には、損害保険協会から合格証が発行されます。
募集人としての能力を認められると、代理店・募集人として財務局に登録・届け出をします。