保険外交員の資格ってどんなのがある?

保険外交員の資格ってどんなのがある?

生命保険外交員になるには、資格が必要です。
生命保険会社に入社するか、生命保険代理店と委託契約を結び、基礎的な法律や税制などに関する研修をまず受けます。
その後、保険外交員の資格取得するためには、生命保険営業職員一般課程試験を受けなければなりません。
試験に合格後、所属する保険会社などの外交員として国に登録され、はじめて生命保険外交員として働くことができます。
この資格がない者が生命保険を販売することはできません。
試験自体は合格点が100点満点で70点以上ですので、テキストを読み、練習問題を解けば、大丈夫という試験でしょう。
しかし、会社として求められる合格点は90〜95点以上であったりすることもあるのです。
また、注意しておくべきことは、所属している保険会社を転職する際には、この資格を持ち越すことはできず、再度受験しなくてはならないことです。
保険外交員という仕事は、100%営業職で、性格により、向き不向きがある仕事といえるでしょう。
エリアを持たされ、個人宅へ戸別訪問、エリア内の企業訪問の日々が続くという職業です。
初めの1年ほどは手当てが出つつ、顧客を獲得していきますが、1年後は前年の顧客から取った保険により、収入が決まるというのが一般的です。
保険の商品も多様化していますし、ライフコンサルタントやシニアライフコンサルタントなどの資格をあわせて取得すると、営業を続けていく上で役立ち、仕事の幅も広がるでしょう。