資格取得・難易度と対策

営業・保険の資格記事一覧

販売士ってどんな資格?就職先は?

販売士というのは、商工会議所が行っている検定試験で、「流通業界で唯一の公的資格」となっています。デパートや大型スーパーなどの規模の大きな小売店のフロアマネージャーや店長などに役立つ資格だといえるでしょう。販売士には、3級、2級、1級とあり、1級の検定試験では面接も行われます。ただ、真剣に取り組めばそ...

≫続きを読む

販売士の受験概要って?対策は?

販売士の受験概要としては、3級が「小売業の類型」「マーチャンダイジング」「ストアオペレーション」「マーケティング」「販売・経営管理」の科目について制限時間150分の試験が行われ、平均70%以上で一科目50%以上の得点の取得が合格基準となります。2級では「小売業の類型」と「マーチャンダイジング」に関す...

≫続きを読む

保険外交員の資格ってどんなのがある?

生命保険外交員になるには、資格が必要です。生命保険会社に入社するか、生命保険代理店と委託契約を結び、基礎的な法律や税制などに関する研修をまず受けます。その後、保険外交員の資格取得するためには、生命保険営業職員一般課程試験を受けなければなりません。試験に合格後、所属する保険会社などの外交員として国に登...

≫続きを読む

損害保険の資格ってどんなのがある?

自動車保険や火災保険などの損害保険の取り扱いには、「損害保険募集人資格」が必要なのです。昨今の環境変化に伴い、損害保険各社や代理店各社では社内体制を強化しています。損保事務の仕事に就くために、まず取っておきたい資格が「損害保険募集人資格」でしょう。。2007年10月に資格制度が改訂され、これまで従事...

≫続きを読む