電験3種をとると何に役立つ?

電験3種をとると何に役立つ?

電験3種とは、「第3種電気主任技術者試験」のことです。
この試験に合格すると、「第3種電気主任技術者免状」が交付されます。
電気主任技術者とは、発電所や変電所、工場、ビルなどの受電設備設置や配線などの際、安全に行うことができるよう監督をする技術責任者のこと。
電気主任技術者の資格は、取り扱うことができる電圧によって、第1種から第3種までの3種類があります。
・第1種 すべての事業用電気設備
・第2種 電圧が17万ボルト未満の事業用電気設備
・第3種 電圧が5万ボルト未満の事業用電気設備(5000kw以上の発電所は除く)
第1種は電力会社のような大きな事業所の電圧を取り扱うことができます。
第2種は大規模な需要設備がある事業所、第3種は一般事業所などをメインとした電圧を扱います。
第3種電気主任技術者は、取り扱える電圧がもっとも低いとはいえ、電気設備・電気工作物における維持・管理・運用が安全に行えるようにする重要なポストであることに変わりはありません。
電気設備を設けている事業主は、法令により、工事・保守や運用などの保安の監督者として、電気主任技術者を選任しなければならないことが義務づけられています。
そのため、電験3種資格を取得すると、普通の事業所などの電気設備の設置を行う際の保安監督として仕事ができます。
電験3種は、電力、保安、電気工事、設備管理、会社の電気課などでは必須になる資格であり、電気業界では、一番と言って良いくらい値打ちのある資格です。
もちろん、1種や2種は言うに及びません。
雇用が不安定な昨今、これらの資格は、利用価値の高い資格と言えるでしょう。