陸上無線技術士ってどんな資格?就職に役立つ?

陸上無線技術士ってどんな資格?就職に役立つ?

一般的に「無線技術士」と呼ばれている資格がこの陸上無線技術士ですが、陸上無線技術士って一体どんな資格なのでしょう。
陸上無線技術士は、平成元年に総務省が所管となって制定された国家資格で、一陸技と呼ばれている第一級と、二陸技と呼ばれている第二級に分かれています。
電波法で定められている放送局や固定局等の、全ての無線設備の技術操作や設備管理、運用を行うために必要な資格で、かなり難易度の高い資格と言えるでしょう。
同じような名前の資格に、「陸上特殊無線技士」と言うものがありますが、全くの別物ですので注意するようにして下さい。
無線技術士の資格を取得しておくと、航空機内の無線設備や地上で航空機との通信を行う為の無線設備の操作等が出来るため、テレビやラジオといった放送会社や電気通信事業会社はもちろんの事、運輸省航空局や海上保安庁、気象庁といった、幅広い業種の就職先が考えられます。
ただ、この資格を必ず取得しておかなければ、就職出来ないと言った事はありません。
反対に、たとえ資格を取得していなくても、入社してから社内研修等で勉強させ、資格を取得させてから仕事に従事させる企業が多いようです。
そう言った事からも、この資格を取得しているからと言って、就職時に特別に優遇されるといった事は少ないようですが、難易度の高い資格ですので、取得する事が出来たその過程の努力は評価に値する可能性もあります。