電気工事施工管理技士ってどんな資格?就職先は?

電気工事施工管理技士ってどんな資格?就職先は?

電気工事施工管理技術検定は、国土交通省から指定を受けた試験機関である、財団法人建設業振興基金が実施している施工管理技士国家資格のうちの一つです。
建設工事において、工事の施工技術だけではなく、完成品の品質管理や工程管理等を円滑に行う事によって、信頼性の向上と施工者の向上を図る目的で実施されています。
この電気工事施工管理技術検定に合格した電気工事施工管理技士は、施工技術の指導的技術者として社会的にも高い評価を受ける事が出来るのです。
試験は1級と2級に分かれていて、1級に合格した電気工事施工管理技士は、特定建設業のうち、電気工事業の専任の技術者、及び主任技術者、監理技術者となる事が出来ます。
電気工事施工管理技士は、一般の建設業、及び特定の建設業が営業所ごとに配置する専任の技術者、現場に配置する主任技術者、及び管理技術者の資格があると認められています。
また、特定の建設業については、営業所ごとに配置される専任の技術者、及び建設工事の現場に配置しなければならない監理技術者は、1級の施工管理技師等の資格を取得していなければならないと定められています。
この為、電気工事施工管理技士は建設業界にとって必要不可欠な存在であり、就職にも有利に働くと言えます。
もし、建設業界に興味があるようでしたら、是非電気工事施工管理技士の資格取得を目指しておくべきではないでしょうか。