電験3種は独学でも取れる?

電験3種は独学でも取れる?

電気主任技術者資格試験は、第1種試験、第2種試験、第3種試験とあり、第1種と第2種は一次試験および二次試験があります。
しかし、第3種は一次試験のみです。
そういう意味では、第1種や2種より、第3種は比較的簡単と言えます。
しかしながら、電気主任技術者資格試験は、強電系の最高峰の難関資格と言われています。
電験3種の試験レベルは工業高校で習ったもの程度とされていますが、かなり難易度が高く、大卒者でも合格が難しい試験です。
試験問題は、広範囲から専門的な内容が出題されます。
計算問題も多いため、数学が得意な人には有利かもしれません。
試験勉強は、参考書や問題集などを使ってするのが一般的ですが、重点的にしたいのが過去問。
平均的に過去問からの出題が多いので、過去10年分の問題は必ずこなしておきたいもの。
そうすれば出題の傾向がつかめるうえ、自分の苦手な部分もわかってきます。
電験3種を独学で突破するのは、はっきり言ってかなり難しいでしょう。
とは言うものの、まったく可能性がないとは言えません。
ただし、1回で合格を目指すのではなく、1年に2科目制覇を目標に、受験スケジュールを3年程度の長期設定することをオススメ。
ネットなどで合格した人の体験談などを読むのも参考になるはずです。
電験3種試験を受験するなら、合格までは長い道のりになります。
絶対に合格するぞ!という強い心で、毎日コツコツと勉強することが合格に通じると言えるでしょう。