資格取得・難易度と対策

電気・通信などの資格記事一覧

電気工事士ってどんな資格?就職先は?

法律では、電気工事の際の事故や工事不備による災害を防止するために、電気工事の専門知識を持った人材を配置して工事監督を行わなければならないと定められています。その専門知識を持った人材として認められるのが、電気工事士という国家資格です。工事の内容によっては、資格保持者でなければ工事が行えないようになって...

≫続きを読む

電気工事士を取得するには?

電気工事士の資格には、二種類あって、それぞれ以下の取得条件があります。◆第一種電気工事士・第一種電気工事士試験合格者で、大学・高等専門学校電気工学科卒業者は3年以上、それ以外は5年以上の実務経験・電気主任技術者の免状交付受理後、5年以上の実務経験◆第二種電気工事士・第二種電気工事士試験に合格・経済産...

≫続きを読む

電気工事施工管理技士ってどんな資格?就職先は?

電気工事施工管理技術検定は、国土交通省から指定を受けた試験機関である、財団法人建設業振興基金が実施している施工管理技士国家資格のうちの一つです。建設工事において、工事の施工技術だけではなく、完成品の品質管理や工程管理等を円滑に行う事によって、信頼性の向上と施工者の向上を図る目的で実施されています。こ...

≫続きを読む

電気工事施工管理技士の受験概要って?対策は?

電気工事施工管理技士の試験は、財団法人建設業振興基金が「電気工事施工管理技術検定試験」という名称で実施しています。電気工事を安全に行うための施工計画を立て、電気工事の管理をする知識と技能があるかを検定します。1級、2級の2つのレベルがあり、試験科目は学科試験と実地試験があります。学科試験科目は、1級...

≫続きを読む

電気通信主任技術者ってどんな資格?就職先は?

電気通信主任技術者は、電気・通信事業主がその技術や設備を維持するために、工事・維持・運用の監督として設置を義務付けられており、その監督業務を行うために必要な国家資格です。資格取得のためには、電気通信システムの専門知識や法規に関する知識、専門能力が必要でしょう。電気通信主任技術者の資格には、伝送交換主...

≫続きを読む

電気通信主任技術者の受験概要って?対策は?

電気通信主任技術者の資格試験は、伝送交換主任技術者試験と線路主任技術者試験の二種類から、どちらかを選択して受験します。試験は毎年一月と七月の二回実施され、どちらもその三ヶ月前の申請が必要です。札幌、仙台、東京、金沢、長野、名古屋、大阪、広島、松山、福岡、熊本、那覇の全国十二箇所で行われます。伝送交換...

≫続きを読む

陸上無線技術士ってどんな資格?就職に役立つ?

一般的に「無線技術士」と呼ばれている資格がこの陸上無線技術士ですが、陸上無線技術士って一体どんな資格なのでしょう。陸上無線技術士は、平成元年に総務省が所管となって制定された国家資格で、一陸技と呼ばれている第一級と、二陸技と呼ばれている第二級に分かれています。電波法で定められている放送局や固定局等の、...

≫続きを読む

陸上無線技術士の受験概要って?対策は?

陸上での無線技術者の専門家でもある陸上無線技術士の受験概要ですが、まず、受験資格に制限はありません。どんな年齢の方や学歴の方でも、自由に受験する事が可能となっています。試験内容は、第一級陸上無線技術士が大学卒業程度のレベルの問題で、無線工学の基礎、法規、無線工学A、無線工学Bに分かれています。第二級...

≫続きを読む

電験3種の試験対策のコツって?

国家試験である電験3種の合格率は、10%と言われています。非常に難易度の高い試験と言えますね。具体的に電験3種の試験科目はどのようなものでしょうか。1.理論 電気理論、電子理論、電気計測、電子計測2.電力 発電所・送電所の設計・運転、送電線路・配電線路の設計・運用・材料知識3.機械 電気機器、パワー...

≫続きを読む

電験3種の資格を取ればどんな就職先がある?

電気は現代の生活においてなくてはならないもの。電気の工事・維持・運用に関する保安を担う電気主任技術者は、どの分野においても必要とされます。そのため、電験3種の資格を持っていると、就職には非常に有利です。特に、電気業界では一番と言っていいくらい値打ちのある資格と言えます。電験3種の需要は非常に幅広くあ...

≫続きを読む

電験3種は独学でも取れる?

電気主任技術者資格試験は、第1種試験、第2種試験、第3種試験とあり、第1種と第2種は一次試験および二次試験があります。しかし、第3種は一次試験のみです。そういう意味では、第1種や2種より、第3種は比較的簡単と言えます。しかしながら、電気主任技術者資格試験は、強電系の最高峰の難関資格と言われています。...

≫続きを読む

電験3種をとると何に役立つ?

電験3種とは、「第3種電気主任技術者試験」のことです。この試験に合格すると、「第3種電気主任技術者免状」が交付されます。電気主任技術者とは、発電所や変電所、工場、ビルなどの受電設備設置や配線などの際、安全に行うことができるよう監督をする技術責任者のこと。電気主任技術者の資格は、取り扱うことができる電...

≫続きを読む

電験3種をとるには実務経験が必要?

電験3種の資格を取得する方法は、国家試験を受けて4科目に合格する方法と、認定試験を受けて資格を取得する方法の二つがあります。ここでは認定で取得する方法について説明しましょう。認定を受けるには、認定校で電験3種の4科目である、理論・電力・機械・法規に相当する科目の単位を取得する必要があります。所定の単...

≫続きを読む

電験3種試験の受験資格って?

電験3種試験とは、正式には「第3種電気主任技術者試験」と言います。第3種電気主任技術者試験は、電気事業法に基づく国家試験で、経済産業大臣から指定を受けた一般財団法人電気技術者試験センターが試験などを運営しています。電験3種試験に合格すると、経済産業大臣より「第3種電気主任技術者免状」が交付され、第3...

≫続きを読む