気象予報士ってどんな資格?就職先は?

気象予報士ってどんな資格?就職先は?

気象予報士は、比較的新しい国家資格です。
気象予報士というと、お天気キャスターなど、メディアで活躍する人を思い浮かべることも多いでしょう。
しかし、気象予報士の資格はメディアの仕事だけでなく、気象庁からの数値や予報結果、気象衛星などの観測データなどを分析して、天気予報を行うことのできる資格なのです。
いわば、気象のスペシャリストと言えるでしょう。
気象予報士は、様々な分野から必要とされる資格で、家庭生活にも役に立つニーズの高い資格として、注目を集めています。
特に、天候が売り上げに影響するデパートなどの流通産業や異常気象で打撃を受ける農業や漁業、人の命が関わる交通や観光関係の現場では、気象情報はとても重要で、気象予報の資格・知識を持つ人が求められているのです。
気象予報士の就職先としては、公務員として国家機関である気象庁への就職が挙げられます。
気象庁に就職するには、気象予報士の資格と共に、公務員試験で合格することも条件になりますよ。
他にも、気象予報士の就職先としては、気象会社への就職です。
気象会社は、農業や漁業、観光関係などの様々な業種に、気象情報を提供する会社で、顧客のニーズに合った気象情報の提供が必要となります。
また、気象予報士は放送局へ就職するという道もあります。
気象データの分析や解析を行い、天気予報としてメディアを通して情報を発信します。
人によっては、お天気キャスターをすることもあるでしょう。