気象予報士の受験概要って?対策は?

気象予報士の受験概要って?対策は?

気象予報士の受験概要として注目したいところは、受験資格がないというところでしょう。
受験資格がありませんので、どなたでも国家試験である気象予報士を受けることができます。
気象予報士の国家試験の受験場所は、北海道と宮城県、東京都と大阪府、福岡県と沖縄県の6都道府県のみとなっており、手数料11,400円を納めることで受験が可能となります。
気象予報士の試験は、学科試験と実技試験で行われます。
学科試験は、気象現象や大気の力学、大気の構造などの予報業務に関する一般知識と、観測の成果の利用や数値予測、気象災害などの予報業務に関する専門知識などを多肢選択式で出題します。
また、実技試験は気象概況、および、その変動の把握や局地的な気象予報、さらに、台風等緊急時における対応などについて、文章や図形で解答する記述式です。
気象予報士の受験対策としては、過去の問題を徹底して潰していくと良いでしょう。
気象予報士の試験の内容は、安定していると言われており、過去の問題をアレンジしたり、そのまま出題されることもあると言われています。
参考書や問題集を何度も繰り返し読み、同じ問題を何度もこなし、傾向と対策を考えると良いのではないでしょうか。
単純な方法だと思われる方もいるかもしれませんが、気象予報士の受験対策としては、過去の問題を全問正解するまでくり返し行うことが非常に有効だと言えます。