資格取得・難易度と対策

分析・測定などの資格記事一覧

計量士ってどんな資格?就職先は?

「計量の基準を定め、適正な計量の実施を確保し、もって経済の発展及び文化の向上に寄与する」という計量法に基づいて設置された資格である計量士。この計量士の資格は、経済産業省の管轄です。何だか難しい説明をしてしまいましたが、計量士が一体どのような仕事なのか、簡単に説明したいと思います。計量士には、「環境計...

≫続きを読む

計量士の受験概要って?対策は?

計量士の国家試験は、毎年1回3月に開催されています。環境計量士・一般計量士共に、共通科目と言って、「計量関係法規」と「計量管理概論」という科目があり、この2科目から25問ずつ計50問の問題が出題されます。そして、その他に、一般計量士は計量の基礎知識や概論など50問、環境計量士は濃度関係であれば環境関...

≫続きを読む

気象予報士ってどんな資格?就職先は?

気象予報士は、比較的新しい国家資格です。気象予報士というと、お天気キャスターなど、メディアで活躍する人を思い浮かべることも多いでしょう。しかし、気象予報士の資格はメディアの仕事だけでなく、気象庁からの数値や予報結果、気象衛星などの観測データなどを分析して、天気予報を行うことのできる資格なのです。いわ...

≫続きを読む

気象予報士の受験概要って?対策は?

気象予報士の受験概要として注目したいところは、受験資格がないというところでしょう。受験資格がありませんので、どなたでも国家試験である気象予報士を受けることができます。気象予報士の国家試験の受験場所は、北海道と宮城県、東京都と大阪府、福岡県と沖縄県の6都道府県のみとなっており、手数料11,400円を納...

≫続きを読む