ネイル資格を取得するにはどうしたらいい?

ネイル資格を取得するにはどうしたらいい?

ネイルの資格を取得すると、ネイリストと呼ばれ、活躍することが可能になります。
ネイルの資格には、ネイリスト検定という資格がありますが、ネイリスト検定は民間資格なので、必ずしも資格を取得しなければいけないというわけではありません。
ただ、将来、プロとしてネイル関係の仕事につき、活躍したいと思っている場合には、ある程度の技術を身につけている必要がありますから、ネイリスト検定の最低2級以上は取得しておくほうが良いでしょう。
ネイルの資格を取得するには、一般的にJNAネイリスト協会が認定するネイリスト技能検定試験に合格しなければなりません。
ネイリスト技能検定試験は、1級から3級まであり、筆記試験と実技試験があります。
3級はネイルに関する基礎知識があれば、比較的簡単に取得することが可能です。
2級になると、ネイルケアやカラーリングの実技、爪の衛生や健康、構造などについての専門的な知識や技術が必要になります。
そして、1級はプロのネイリストとして活躍できるレベルです。
ネイルの資格を取得する方法には、様々あります。
代表的なのが、スクールに通って資格の勉強をすることです。
スクールは費用がかかりますが、卒業した後でも就職先を決めるのに有利であったり、実践的な技術を身につけやすいというメリットがあります。
また、ネイルの実技を練習する相手がいること、経験豊富な講師に指導してもらえるのも大きなメリットです。
他にも、ネイルサロンで働きながら勉強して資格を取得する方法や、通信教育で勉強をする方法もあります。
ネイルの資格をとる一番の近道はスクールに通う事ですが、それぞれの生活環境や予算によって選びましょう。