和裁検定ってどんな資格?就職先は?

和裁検定ってどんな資格?就職先は?

和裁検定って、一体どんな資格なんでしょうか?
和裁検定の事をご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、和裁検定とは、字のごとく、和服を仕立てるのに必要な知識や技術を認定する検定なんです。
難易度は、そんなに高くはありません。
どちらかというと、易しい方だと思います。
合格率も、1級は約35パーセント、2級も35パーセント、3級は50パーセント、4級は95パーセントです。
1級から3級までの試験内容は、実技(女子用あわせ長着)、部分縫い、筆記試験となっています。
4級の試験内容は、実技(女子用浴衣)、筆記試験です。
4級の取得を目指す場合は、和裁教室に3ヶ月程度通って勉強すれば取得可能でしょう。
しかし、それ以上のレベルを狙うのであれば、和裁の専門学校で学ぶ事をオススメします。
4級・3級は、家庭で和裁を活用できるレベルで、2級・1級は、和裁士として仕事ができるレベルになります。
試験日程は7月の下旬頃で、受験資格は特にありませんし、何級からでも受験できます。
そして、合格発表は8月中旬頃です。
また、受験料は級によって違うのですが、1級で1万5750円、2級で1万3630円、3級で1万500円、4級で5250円となっています。
和裁検定を持っていると、どんな就職先があるのかについてですが、呉服店などの着物業界や、専門学校が主になります。
仕事の内容としては、長着・羽織・袴などを、裁断したり、縫製したり、仕立てたりなどです。
それに、実力があれば、自宅で和裁教室を開くことも可能でしょう。