エステシャンの学校

エステシャンの学校

エステシャンになるためには、やはり学校に行って学ぶものだと思いますが、エステシャンの学校って、あまり聞きませんよね。
では、将来エステシャンになる卵たちは、いったいどこで学んでいるのでしょうか?
エステシャンになるための学校は、やはり、その道に特化した学校ですから、専門学校になります。
専門学校の中にもいろいろありますが、少しご説明しますと、一昔前には日本にはエステシャンを養成する学校はほんの少ししかありませんでした。
ですが、平成に入ってから、1年コースや2年コースのカリキュラムもしっかりとした学校が、全国各地に出来ましたので、エステシャンをより目指しやすくなったと言えます。
エステでの技術が、そのままお客様の肌や体に影響が出るわけですから、ちゃんとした学校で勉強することが必要になります。
中には、3ケ月くらいの短期のエステスクールもあることはあるんです。
ですが、エステシャンの場合は化粧品と技術で人間の生きた皮膚に対して影響を及ぼしていくわけですから、その場で生体反応も起こすわけですから、その基礎となる、皮膚科学や化粧品学、生理解剖学や衛生学等の知識と施術の熟練が必要になります。
1〜2年かけて学んだ方が、遠回りのようで実はエステシャンへの近道だったりしますので、学校はしっかりと選んだ方がいいですね。
ちなみに、エステティック先進諸国であるヨーロッパにおいては、エステシャンもCAP(初級技術者)、BP(中級技術者)、BTS(高等技術者)と3段階の公的な資格が制度化されていて、学校も私立、国立と多くあります。
CAPになる学校は1〜2年ですが、BPは2年、BTSは実務経験を経て2年学校へ行きます。