エステシャンスクール

エステシャンスクール

エステシャンは、女性にとっては非常にやりがいのあるお仕事ですから、スクールに通って、本格的に目指そうと言う人が増えてきています。
エステサロンに就職して、技術の向上を目指すのもいいですし、将来、独立起業することも出来ますので経営をやってみたい、と思っている方には、エステシャンは持って来いの仕事だと言えそうです。
エステシャンになるには、日本ではきちんとした公的な資格制度がありませんから、極端な話、エステを経営するだけの資金が準備できれば、私はエステシャンだと名乗って、お店を出すことも可能です。
しかしながら、やはりそこは、生きた人間を相手にする職業ですし、技術がなければ続かないことは解りきっています。
そういうことからもエステシャンになる場合には、スクールに通って基礎からきちんと勉強した方がいいでしょう。
日本のスクールは母体からいくつかの分類ができますが、従来からある理美容学校が併設しているスクール、化粧品メーカー系のスクール、大手のエステサロンが経営しているスクール、わずかですが医療法人や美容以外の専門学校が新たに開講したスクールなどに分かれます。
それぞれに特徴がありますので、一概には言えませんがエステシャンを目指すという観点から考えると、理美容学校の併設スクールが適当ではないかという意見もあります。
ヨーロッパのエステシャン養成スクールと姉妹提携していて、留学などもできる学校もありますのでまずは、どんなスクールがあって、自分に一番あっているのはどこなのか、ということの検討をつけるためにも情報収集から始めてみて下さい。