エステシャンの資格

エステシャンの資格

エステシャンのお仕事が注目されていますね。
エステシャンの資格を取得して、美容の世界で活躍したいと言う女性が増えているのだそうです。
ここでは、エステシャンの資格について、少し書いてみようと思います。
まず、エステシャンとは、髪を除く全身の美容を行うことができる技術者のことで、資格には日本エステティック協会が認定する民間資格があります。
エステシャンの資格を取得するには、日本エステティック協会が実施する統一試験に合格することが必要で、合格してはじめて認定エステシャンとして登録されます。
ここ日本では、エステシャンの公的な資格制度が確立していない状態にあるために、エステシャンの知識や技術のレベルを示すひとつの指針となる資格として非常に人気があります。
日本エステティック協会が認定しているのは、認定トータルエステティックアドバイザー(TEA) 、認定エステシャン、認定フェイシャルエステシャン、この3つの資格になります。
少し説明しますと、認定トータルエステティックアドバイザー(TEA)とは、エステサロンで働くエステシャンの社会的また指導的立場を担う資格のことです。
また、認定エステシャンは、サロンでの実践に向けて全身のエステ基礎技術を有するエステシャンのことです。
認定フェイシャルエステシャンとは、特にフェイシャルの基礎技術のみを有するエステシャンのことです。
このように目的に応じてエステシャンの資格が分かれていますので、どういったエステシャンの資格を取得したいのかをしっかりと見極めることが必要になります。