エステシャンについて

エステシャンについて

エステシャンの仕事が、ここ最近になってクローズアップされるようになりましたね。
近代まれに見る美容ブームで、女性だけでなく男性も、そして老いも若きも、美しくなるために、あるいはコンプレックスをなくすために、そして自信を持って自分の人生を歩むために、エステティックサロンへ足を運ぶようになりました。
そして、そのエステサロンを訪れる人たちのために様々な技術を駆使して、至福の時間と癒しを提供してくれるのがエステシャンの皆さんです。
テレビ番組や雑誌、あるいはエステのコマーシャルなどでエステシャンを見ることがあると思いますが、彼女たちは生き生きとして美しいですよね。
人間を相手にするお仕事ですから、大変なことも多いと思いますが、その仕事にやりがいを感じているからこそ、輝いて見えるのでしょう。
では、エステシャンの仕事の実際とは、どういったものなのでしょうか?
通常、エステと呼ばれているのはエステティックの略で、エステシャンはそれらに携わる人のことを言います。
エステティックには、美や美学という意味があります。
元々は日本語で「美しいと感じる心」と言う意味のギリシャ語で「アイステイシス」という言葉が語源になっているということです。
その美を追求する仕事をしているのがエステシャンで、エステシャンとは、髪の毛以外の全身の美容、お手入れを仕事とする人のことを言います。
エステシャンの仕事場と言えば、エステサロンが主でしたが、最近では、ホテルやスポーツ施設にサロンを設けるところが増えてきて、その活躍の場はますます拡大する一方です。
エステシャンの業務内容は、肌のトリートメントや痩身、美顔、脱毛、ネイルなどで、きれいになりたいお客様をさらに美しくすることを本分としています。
経験を積めば積むほど、技術が向上する仕事なので、将来独立することだって可能です。
そういった意味では、エステシャンは起業をしたい女性に向いているのかもしれません。