弁護士試験を独学で受かるにはどうする?

弁護士試験を独学で受かるにはどうする?

弁護士試験を独学で受かるには、孤独な勉強に耐え、最後まであきらめない事が肝心です。
しかし、難関大学の学生であっても低い合格率であるこの弁護士試験に、独学で受かるためには、相当な努力が必要なことは容易に想像がつくでしょう。
また、新司法試験には受験資格があるため、独学の場合は司法試験予備試験を通過し、司法試験の受験資格を得る必要があります。
独学で司法試験予備試験や司法試験に受かるには、まず司法試験予備校の出している本を使うことが、一番取りかかりやすく手っとり早いと言われています。
独学で初めて学ぶ人がいきなり学者の書いた本を読んで、重要個所やポイントが理解できるでしょうか?
全く分からない状態から始めるときは、手始めとして試験対策講座のような本を読み、全体の流れを知ると、基本書の重要ポイントも見えてくるでしょう。
憲法については、伊藤真の憲法の本が良いと言われています。
また、民法は全体像がつかみやすいという点でレックの民法の評判が良いようです。
刑法は学説がたくさん載っており、論文に役に立つという点からレックの刑法が良いという意見もあります。
基本書による勉強が進んだら、論文や口述の過去問題を行うのも必須ですよ。
独学で学習する時は、民法も刑法もすべてを一度にやろうとせずに、とりあえず、どれか一科目に絞って勉強を始めると良いでしょう。
独学で受かるためには、勉強の計画を立て、自分に合った勉強法を試行錯誤し、進めていくことが大切だといえるのではないでしょうか。