まず弁護士事務所にバイトで入って実務を学ぶ?

まず弁護士事務所にバイトで入って実務を学ぶ?

弁護士事務所にバイトで入っても、弁護士の資格がない以上、実務経験を積むことは難しいでしょう。
弁護士資格を持たない人は、当然、弁護士の実務を行うことはできません。
弁護士事務所によっても異なりますが、弁護士資格のない人が弁護士事務所にバイトで入って行える業務は、電話応対や接客、書類コピーやファイリングなどだと思います。
中には、弁護士のスケジュール調整などの秘書的な仕事で、弁護士に近い所で働ける場合もあるようです。
弁護士を目指す人にとって、弁護士事務所でのバイトは、勉強の参考になり、多少なりとも実務経験を積めるのではないかと考える人も多いみたいです。
でも、実際に弁護士事務所で働いても、一般的な事務職と変わらない仕事内容となっており、実務が学べるとはいい難いでしょう。
しかし、弁護士の仕事や弁護士事務所の雰囲気を感じることはでき、また、実際の仕事を間近で見ることもできます。
弁護士になるために行う勉強と、実際に弁護士の行う仕事は異なるものといわれていますから、弁護士事務所でバイトをすることで、机の上だけの勉強では得られない実践という部分で、何か得ることができるかもしれませんね。
弁護士事務所でのバイトは、各弁護士事務所によってかなり異なるものです。
弁護士を目指し、司法試験を控えている人は雇わないという事務所もあれば、司法試験の勉強をしながら仕事をしたいという人を積極的に採用する事務所もあります。
弁護士事務所にバイトで入る時には、条件や仕事の内容をよく確認してみると良いでしょう。