弁護士って稼げる?年収ってどれくらい?

弁護士って稼げる?年収ってどれくらい?

弁護士の年収は、専門分野によっても大きく異なります。
弁護士には、訴訟弁護士と渉外弁護士があります。
年収が多いのは、渉外弁護士だと言われており、一年目から年収1000万円程度あると言われています。
渉外弁護士は、主に海外企業の英文書類の作成や企業の評価調査、知的財産権訴訟などの業務を行っています。
基本的に法廷に立つことはなく、企業の渉外法務を行うのです。
渉外弁護士で昇進し、経験や実力を積むことで3000万円〜1億円以上の年収も可能だそうです。
しかし、多忙を極めるため、年収が多い割に離職率が高いのも事実です。
訴訟弁護士は、人権問題や労働問題など、基本的に個人やお金を持っていない中小企業が相手となるため、報酬も少ないと言われています。
さらに、刑事事件でなどで活躍する弁護士に関しても、大きな収入が得られるわけではなく、国選弁護士の報酬は8万5千円程度なのだそうです。
訴訟弁護士は儲けるためではなく、社会正義のために働く弁護士と言えるかもしれません。
もちろん、弁護士でも経営能力は必要とされます。
高額な年収を求めるのであれば、経営能力や人づきあいも重要で、これらの能力のない弁護士は、高収入を稼ぐことは難しく、雇われ弁護士で終わってしまうこともあるでしょう。
弁護士の平均的な年収は600万円〜800万円です。
弁護士で稼ぐためには、弁護士としての実力の他に、経営センスも重要だと思います。