資格取得・難易度と対策

弁護士記事一覧

弁護士って稼げる?年収ってどれくらい?

弁護士の年収は、専門分野によっても大きく異なります。弁護士には、訴訟弁護士と渉外弁護士があります。年収が多いのは、渉外弁護士だと言われており、一年目から年収1000万円程度あると言われています。渉外弁護士は、主に海外企業の英文書類の作成や企業の評価調査、知的財産権訴訟などの業務を行っています。基本的...

≫続きを読む

弁護士の業務って?

弁護士の業務は、民事や刑事などの法律相談を受けたり、訴訟や交渉の代理人として活動します。民事の法律相談では、金銭トラブルに関するものや不動産に関すること、離婚や相続の問題などから労働問題、近隣とのトラブルに至るまで、様々な法律相談を行います。また、代理人交渉として、示談交渉を請け負うこともあります。...

≫続きを読む

まず弁護士事務所にバイトで入って実務を学ぶ?

弁護士事務所にバイトで入っても、弁護士の資格がない以上、実務経験を積むことは難しいでしょう。弁護士資格を持たない人は、当然、弁護士の実務を行うことはできません。弁護士事務所によっても異なりますが、弁護士資格のない人が弁護士事務所にバイトで入って行える業務は、電話応対や接客、書類コピーやファイリングな...

≫続きを読む

弁護士試験は難しい?合格率って?

弁護士試験は、国家試験の中でも特に超難関といわれる試験です。旧司法試験の合格率は3%程度で、合格には約2年から10年かかるともいわれています。旧司法試験は、相対評価試験を採用しているため、長年にわたり、合格率も3%前後とほぼ横ばいを保っていました。ですが、平成18年からは、受験資格に法科大学院修了者...

≫続きを読む

弁護士試験を独学で受かるにはどうする?

弁護士試験を独学で受かるには、孤独な勉強に耐え、最後まであきらめない事が肝心です。しかし、難関大学の学生であっても低い合格率であるこの弁護士試験に、独学で受かるためには、相当な努力が必要なことは容易に想像がつくでしょう。また、新司法試験には受験資格があるため、独学の場合は司法試験予備試験を通過し、司...

≫続きを読む

弁護士資格を学校に通って取得する?

弁護士資格を取得するためには、司法試験に合格する必要があることは誰でも知っていますよね。ですが、現在では、新司法試験制度により、司法試験を受けるためには、法科大学院の修了、もしくは、司法試験予備試験の合格が必須となりました。司法試験予備校などに通って、司法試験予備試験合格を目指すのもいいですが、資金...

≫続きを読む