アロマセラピーアドバイザーってどんな職業?資格は?

アロマセラピーアドバイザーってどんな職業?資格は?

アロマテラピーアドバイザーというのはアロマオイルの販売や一般の人にアロマテラピーについての安全のアドバイスなどをするのに適しているアロマテラピーの資格です。
アロマテラピーアドバイザーの資格を取得するためには、アロマオイルやほかの材料の使い方やリラクゼーションやリフレッシュをするためのアロマテラピーの効果などについても、知識や技術を身につける必要があります。
アロマテラピーの安全面や法律についても知識を深めなければいけません。
アロマテラピーアドバイザーになるためにはまずはアロマテラピー検定の1級に合格して日本アロマテラピー協会の会員にならなければアロマテラピーアドバイザーになることはできません。
そしてアロマテラピーアドバイザーの認定講習会へ申し込んで、アロマテラピーアドバイザーの認定講習会に出ればあとは登録をして認定証が届ければアロマテラピーアドバイザーとして働くことができます。
アロマテラピーのスクールや認定校で勉強をしてカリキュラムを修了している人は、アロマテラピーアドバイザーの認定講習会が免除になりますからそのまま登録をすればアロマテラピーアドバイザーとして活躍することができるようになります。
アロマテラピーアドバイザーの認定講習会は、毎年2月と8月に行われていて、全国の主要都市15年で行われています。
アロマテラピーアドバイザー認定講習会は受験料が5千円で登録認定料は10000円になっています。