アロマセラピー検定1級

アロマセラピー検定1級

アロマセラピー検定の1級は、アロマセラピーを自分の家族や周りの人と一緒に楽しんで、健康を維持するための知識などを試験をして判断するというのがアロマセラピー検定1級です。
アロマセラピー検定1級では専用の検定テキストのアロマセラピー検定2級と1級の本から出題されます。
アロマセラピーの使い方や基材についての知識が問われたり、香についてのテストも実施されます。
アロマセラピー検定1級の香りについての実技試験は、香を実際に嗅いで、何のアロマオイルなのか当てるという問題が出題されます。
そしてアロマセラピー検定1級の試験ではアロマオイル20種類のプロフィールについても覚えなければいけませんし、それぞれのアロマオイルの働きなどについても問われることになります。
アロマセラピー検定1級ではストレスや疲労に役立つアロマセラピーの健康法についてや、アロマセラピーに関わる法律についての知識も必要です。
アロマセラピー検定1級はアロマセラピー検定2級の試験内容にプラスして今紹介したようなことが問われることになっています。
アロマセラピー検定1級の問題として出されるアロマオイルの種類はカモミール、クラリセージ、グレープフルーツ、サンダルウッドネロリ、フランキンセンス、ベルガモット、スイートマージョラム、レモングラス、ローズオットーの10種類と、アロマセラピー検定2級に出題されるアロマオイルが出題されます。
アロマセラピー検定1級のトータル出題数は48問となっています。