アロマセラピーの資格ってどんなもの?

アロマセラピーの資格ってどんなもの?

アロマセラピーの資格といっても色々な資格があります。
アロマセラピー検定試験がアロマセラピーの資格の一番最初の段階だとして、そのほかにアロマセラピーの資格としてはプロになるためにいろいろな資格があります。
たとえばアロマセラピーの資格の一つとしてアロマセラピーアドバイザーという資格があります。
このアロマセラピーの資格はアロマオイルの販売などを行ったり、一般の人を対象にしてアロパテラピーを販売するにあたってのアドバイスをする資格です。
そしてアロマセラピーインストラクターの資格もあります。
こちらはカルチャースクールなどでアロマセラピーの講師として活躍するための資格です。
一番私たちの中で身近なアロマセラピーの資格としてはアロマセラピストの資格が有名ではないでしょうか。
アロマセラピーの資格のアロマセラピストの資格はプロとしてアロマセラピーを行うことができる資格です。
アロマセラピー検定は誰でも受験できるアロマセラピーの資格ですが、アロマセラピーの資格で先ほど紹介したアロマセラピーアドバイザーやインストラクター、セラピストになるためには、日本アロマセラピー協会の会員にならなければ取得することができない資格となっています。
アロマセラピーの資格のインストラクターやセラピストになるためには、まずはアロマセラピーアドバイザーの資格を取得してからでなければ取得することができないことになっています。
アロマセラピーの資格を取得したのちにはアロマセラピーのお店などで活躍することができますし独立も可能です。