アロマセラピー検定の概要と対策

アロマセラピー検定の概要と対策

アロマセラピー検定は年に2回行われています。
アロマセラピー検定は通常は5月と11月に行われていることが多いのですが、2種類の検定試験が用意されています。
アロマセラピー検定の級はアロマセラピー検定2級とアロマセラピー検定1級が用意されています。
2級のアロマセラピー検定の試験を受験しなくても、最初からアロマセラピー検定の1級の試験を受けることも可能です。
アロマセラピー検定が行われている場所としては、全国の主要都市で行われているのですが、全国27か所で行われています。
アロマセラピー検定の受験料は1級2級ともに6300円となっていて申し込みをする際に支払うことになっています。
アロマセラピー検定の試験というのはマークシート形式の試験になっていて、2級のアロマセラピー検定は、38問出題されますし、1級のアロマセラピー検定になると48問出題されることになっています。
アロマセラピー検定試験の内容としては、アロマセラピーの香りを判別するという実技試験もありますのでアロマオイルの香りの名前をすべて覚えなければいけません。
そのほか、アロマセラピーの筆記試験の方ではアロマセラピーの歴史についてや、それぞれのアロマオイルの特徴や使い方、注意しなければいけないことなどについての出題もあります。
アロマセラピー検定試験というのは合格率がだいたい8割から9割ということになっていますからしっかりとアロマセラピーについて勉強をすれば一発合格することも十分可能です。